東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

一面かれんな紫色 那珂川・カタクリ山公園

写真

 那珂川町の八溝県立自然公園に広がるカタクリ山公園で、カタクリの花が見頃を迎えた=写真。10日ごろまで楽しめるという。

 雑木林3ヘクタールに関東地方最大規模の100万株に及ぶカタクリの群生があり、かれんな紫色の花が斜面を埋め尽くしている。歩いて1周40分ほどの遊歩道が整備され、写真撮影するアマチュアカメラマンの姿も多い。

 公園の自然保護に取り組む地元のNPO法人山野草保存会の石沢隆美さんは「今の時期、ここはカタクリだけでなく、ミズバショウとショウジョウバカマも一緒に楽しめます」とPRする。

 宇都宮市から仲間と訪れ、写真を撮っていた斎藤清さん(85)は「いろんな所に花の撮影に出掛けますが、山の花は自然の中で生息するので、さまざまな顔を見せてくれる」と話していた。 (原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報