東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

<統一地方選>自民、板橋さん13選 小山市・野木町 多選批判吹き飛ばす

13回目の当選を果たし、支援者から拍手される板橋さん=小山市で

写真

 「ありがとう。みなさまの力で当選できました」。小山市・野木町選挙区では自民現職の板橋一好さん(78)が、県議会史上最多の十三回目の当選を果たし、感謝の言葉を述べた。多数の支援者が詰め掛けた市内の事務所は喜びに包まれた。

 定数五を六人で争う少数激戦を勝ち抜いた。県議在籍四十年超の大ベテランは張りのある声で若々しさをアピールし、培ってきた経験と人脈を生かした政策実現能力の高さを訴えた。

 今回は初めて小山市から野木町に二日間、事務所を移し、有権者の声を幅広く聞いた。強固な後援会組織がフル稼働で支援し、着実に票を固め、高齢、多選批判を吹き飛ばした。

 小山、栃木両市を合わせた中核都市の実現に意欲を燃やす。「両市がまとまれば魅力的な自治体になる。中核市誕生に向けた機運を高めたい」と抱負を語った。 (梅村武史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報