東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

ナベサダさん代表曲「カリフォルニア・シャワー」 JR宇都宮駅在来線の発車メロディーに

 JR宇都宮駅の在来線のホームで今月から、宇都宮市出身で日本を代表するジャズサックス奏者渡辺貞夫さんが手掛けた曲が、発車メロディーとなっている。市のイメージアップに取り組む市や街づくり団体などでつくる宇都宮ブランド推進協議会がJRに提案し、実現した。6月末までの期間限定。

 発車メロディーは、渡辺さんの代表曲の一つ「カリフォルニア・シャワー」を本人の監修でアレンジしたもの。上り、下りで別のパートを採用している。東北線、日光線、烏山線のホームで流れる。

 渡辺さんは市民栄誉賞も受賞している。市広報広聴課は「宇都宮はジャズの街でもあり、世界的な演奏家の曲が流れることで、知名度アップにつながれば」と期待する。 (原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報