東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

<統一地方選>那須塩原市長選あす告示 新人の一騎打ちか 宇都宮など5市議選も

立候補受け付けのリハーサルをする宇都宮市選管職員ら=同市役所で

写真

 統一地方選の後半戦となる那須塩原市長選と、宇都宮など五市の市議選、那須塩原市議補選が十四日、告示される。那須塩原市長選は新人の一騎打ち、五市議選はいずれも選挙戦となる見通し。各市が抱える課題をめぐり、論戦が繰り広げられる。二十一日に投開票される。 (北浜修)

 那須塩原市長選は、現職市長が三月に死去したことに伴い統一地方選に組み込まれた。いずれも無所属新人で、元市議会議長の君島一郎さん(63)と、元参院議員の渡辺美知太郎さん(36)が出馬表明している。君島さんは死去した君島寛市政の継承を訴え、渡辺さんは若さを前面に出す。

 市議選は宇都宮、足利、小山、真岡、矢板の五市である。各市の選挙管理委員会によると、いずれも定数を超える立候補予定者が事前審査を済ませている。

 宇都宮市議選(定数四五)は前回の立候補者と同数の五十七人が審査を済ませており、混戦が予想される。内訳は現職三十三人、新人二十四人。

 ほかの四市議選で事前審査を終えたのは、足利市(定数二四)が二十六人、小山市(定数三〇)が三十三人、真岡市(定数二一)が二十三人、矢板市(定数一六)が十八人。

 那須塩原市議補選(被選挙数一)は、三人が審査を済ませた。

◆16日には2町長・5町議選も告示

 十六日には芳賀、上三川の両町長選と、五町の町議選が告示される。芳賀町長選は選挙戦、上三川町長選は無投票となる公算が大きい。

 芳賀町長選は再選を目指す無所属現職の見目匡さん(67)と町議の無所属新人水沼孝夫さん(57)が出馬表明しており、現新一騎打ちになる見通し。上三川町長選は、三選を狙う無所属現職の星野光利さん(56)のみが立候補する意向を明らかにしている。

 町議選があるのは益子、茂木、市貝、芳賀、野木。いずれも定数を上回る人数が立候補を準備しており、選挙戦になるとみられる。

 町長選、町議選は、市長選や市議選と同じ二十一日に投開票される。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報