東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

令和初日の5月1日は「大安」 各自治体、婚姻・出生サービス合戦

 新天皇が即位し、新たな元号「令和」が始まる5月1日は、「大安」に当たる。県内の自治体では婚姻、出生届の提出が殺到すると見込み、対応する職員を増員するなど対応を急いでいる。8市3町が、まちの魅力をPRする好機ととらえ、特産品贈呈など、あの手この手のサービスを準備している。 (梅村武史、小川直人)

記念撮影用プレートのサンプルを手に語る足利市の和泉聡市長=同市で

写真

 【足利市】

 大型ショッピングモール「コムファースト・アピタ」(朝倉町)二階の行政サービスセンターで婚姻届と出生届を提出した市民を対象に午前十時〜正午の間、記念撮影サービスを開催する。

 「わたしたち 結婚しました!」「誕生日 届け出記念日!」「祝!令和元年 五月吉日」などのプレートを用意している。婚姻届の提出カップルには地元映画館の鑑賞引換券も提供。和泉聡市長は「足利で新たな門出をする人たちの記念になれば」と強調する。

 【矢板市】

 市役所一階の市民課窓口へ婚姻届を出したカップル先着三十組に、市キャラクター「ともなりくん」のクリアファイルとハンカチ、五百円分の「道の駅やいた」の商品券とソフトクリーム引換券、温泉施設の無料券、市内飲食店を中心にしたクーポン券などをセットにして提供する。ともなりくんと記念撮影もできる。

 【大田原市】

 市役所二階の市民課で午前八時半から受け付ける。婚姻届と出生届を提出した先着三十人に地元産米(三〜四合程度)、市マスコットキャラクター与一くんのコースターとシールをプレゼント。記念写真の撮影サービスもある。

鹿沼市がプレゼントするイチゴにちなんだグッズ=鹿沼市役所で

写真

 【鹿沼市】

 市役所一階の特設窓口で午前八時半から受け付ける。婚姻届や出生届の提出者先着各二十組に、「いちご市」にちなんで紅白のイチゴと、イチゴをデザインしたバッジ、トートバッグを贈る。

記念撮影ができるボードの前でアピールする那須塩原市職員と「みるひぃ」=同市役所で

写真

 【那須塩原市】

 市役所一階に市民課窓口を開設。午前八時半から受け付け、婚姻届と出生届の提出者先着五十組に、市のキャラクター「みるひぃ」からキーホルダーなどのグッズがプレゼントされる。みるひぃがデザインされたバックボード前で撮影した写真もオリジナルの台紙を添えて後日郵送する。

 このほか、当日、婚姻や出生を届け出た人に、撮影用特設パネルを用意したり記念品贈呈などを予定する県内の自治体は次の通り。

 小山市、真岡市、さくら市、市貝町、壬生町、那須町

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報