東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

渋滞緩和に電気自動車 大谷地区できょうから社会実験 

大谷地区で運行する低速の電気自動車(宇都宮市提供)

写真

 宇都宮市は27日から5月6日までの大型連休中、大谷石の産地として知られる市内の観光地・大谷地区で交通渋滞の緩和を図るため、地区内の主なスポットを回る低速の電気自動車を運行する社会実験を行う。地区の外には自家用車の臨時駐車場を設け、シャトルバスで観光客を運ぶパーク・アンド・バスライドも合わせて実施する。 (原田拓哉)

 市大谷振興室によると、大谷地区の観光客はゴールデンウイークやお盆期間に通常の休日の二〜三倍に増加し、地区内外の道路で渋滞が著しい。

 電気自動車は、地下採掘場跡が地下に広がる大谷資料館など四カ所に停留所を設け、市営駐車場−大谷景観公園前までの約一キロを片道五分で往復する。運転手を含めて八人乗りで、時速二十キロ未満で走る。助手席には宇都宮大の学生が案内役として乗車する。期間中、二台を導入する。

 パーク・アンド・バスライドは地区の周辺三カ所に計約百台を収容できる駐車場を設け、各駐車場から地区の入り口近くまで大型バスで観光客を運ぶ。

 市はお盆期間に、さらに多くの人が乗れる電気自動車を実験的に運行し、地区内の交通のあり方を考えるための材料とする。

 大谷地区への観光客は二〇一七年度は約七十万人だったが、市は十年後に百二十万人に増やすことを目標に掲げる。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報