東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

特産品販売 スペースなど増設 真岡木綿会館、改装オープン

テープカットする会館関係者=真岡市で

写真

 真岡市荒町の「真岡木綿会館」のリニューアル記念式典が二十七日あった。増築により真岡木綿の製品や特産品を販売するスペースができた。市は「街歩きの拠点として活用してほしい」と呼び掛けている。

 同会館は二〇〇八年四月に開館。木綿の生産工程の見学のほか、機織りや染色体験ができる。今回のリニューアルでは、約七十七平方メートルを増築したほか、憩いの場として前面に広いウッドデッキを設けた。開館時間は午前十時〜午後五時。毎週火曜日休館。

 事業費は約六千五百万円で、国の地方創生拠点整備交付金を活用。昨年十一月から工事を進めていた。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報