東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「令和」パンの缶詰人気 那須塩原 ラベルに平成などずらり

お土産としても人気の「令和」ラベルの缶詰=那須塩原市で

写真

 那須塩原市東小屋のパン製造販売会社パン・アキモトの直営店「石窯パン工房 きらむぎ」で、「令和」をラベルにしたパンの缶詰が販売され、人気を集めている。同社は、非常食のパンの缶詰「救缶鳥(きゅうかんちょう)」を使った被災地支援で知られる。

 ラベルには「令和」の文字に加え、大化から平成まで歴代がびっしりと並ぶ。デザイン違いの二種類ある。パンは百グラム入りで、価格は四百五十円。五月六日まで販売する。現在はリンゴ味を販売中で、なくなり次第、別の味に切り替える。

 店内には「令和」の文字の額縁を掲げて記念撮影できるコーナーもある。同店の担当者は「記念缶はお土産で買っていく人が多い。記念撮影も人気です」と話していた。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報