東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

奥日光・湯ノ湖で釣りフェスタ 350人が聖地で釣果競う

午前5時のスタート後すぐにニジマスを釣り上げ、「令和初ヒット!」と喜ぶ釣り人=いずれも日光市で

写真

 「日本のフライフィッシングの聖地」と呼ばれる奥日光の湯ノ湖(日光市)で一日、「解禁トラウトフィッシングフェスタ」が開かれた。最も大物の全長七一・四センチのニジマスを釣り上げた長岡美穂子さん=東京都板橋区=に「東京新聞・中日新聞杯」のカップと表彰状が贈られた。長岡さんは女性部門でも優勝した。

 令和元年初日のこの日、午前五時に盛大な打ち上げ花火を合図に競技がスタート。約三百五十人の釣り師らが、小舟や岸辺から一斉にさおを振った。

 あちこちで「ヒット!」と魚の当たりに歓声が上がる中、午前中には、一時青空が一面に晴れわたる天気にもなり「令和晴れだ」との声も上がっていた。

 ルアーのスプーンでニジマスを釣り上げた、会社員古橋勇人さん(28)は「新時代に向け幸先よいスタートが切れた」と喜んでいた。

 大会を主催する全国内水面漁協連合会(宮腰光寛(みつひろ)会長)からは、ニジマス、カワマス、ヒメマス、ホンマス各部門の大物を釣った人に賞品や賞状が贈られた。

 奥日光の湯ノ湖、湯川(ゆがわ)は、水産庁関連研究所の外来マス類生態調査エリア。

 フェスタは、同漁協連合会がこれに協力する形で開催。東京新聞(中日新聞東京本社)、奥日光湯元温泉旅館協同組合が後援した。

 期間は九月三十日まで。釣った魚の種類やエリアを報告すると、マスをデザインしたピンバッジやシールがプレゼントされる。

 問い合わせは湯ノ湖釣り事務所=電0288(62)2524=へ。宿泊問い合わせは奥日光湯元温泉旅館協同組合=0288(62)2570=へ。 (蒲敏哉)

フェスタの入賞者たち

写真

 入賞者は次の皆さん。 (敬称略)

 【ニジマス】優勝 長岡美穂子(東京都板橋区)▽準優勝 額賀悠作(茨城県鉾田市)▽3位 額賀誠史(同)▽4位 鈴木伸夫(埼玉県東松山市)▽5位 古郡直行(群馬県伊勢崎市)

 【カワマス】優勝 奥田裕(川崎市)▽準優勝 広長浩一(日光市)▽3位 堀口健太(東京都北区)▽4位 上田晃次(東京都渋谷区)▽5位 加藤孝幸(埼玉県行田市)

 【ヒメマス】優勝 鈴木邦雄(横浜市)▽準優勝 小川豊(宇都宮市)▽3位 増野誠(埼玉県深谷市)▽4位 岡本健(さくら市)▽5位 鈴木正一(宇都宮市)

 【特別賞(ホンマス)】手塚知明(日光市)

 【女性の部】優勝 長岡美穂子(東京都板橋区)

 【キッズ部門】優勝 額賀涼史(茨城県鉾田市)▽準優勝 吉田ゆきと(鹿沼市)▽3位 佐久間脩太(水戸市)▽4位 浅井瑛汰▽5位 畑賢人

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報