東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

いちごトートバッグ 真岡市が製作・販売 「日本一」をPR

イチゴをデザインしたトートバッグ=真岡市役所で

写真

 イチゴの生産が盛んな真岡市が「日本一のいちごのまち」をPRしようと、真っ赤なイチゴをデザインしたトートバッグを作った。同市の二宮コミュニティセンターで十九日に開かれる「いちごフェスタ」でお披露目して販売する。

 バッグには「日本一のいちごのまち」のキャッチフレーズと、来年三月に市内で開催される「全国いちごサミット」のロゴマークをあしらった。長さ約三十五センチ、幅約三十センチのポリエステル製で千二百円。フェスタ以降も市観光協会の観光物産館で販売する。

 バッグは市役所各課に配布して職員が出張時などに使ってアピールする。市民課に出生届を提出する人に同じデザインのバッグを配ることも予定しているという。

 市の担当者は「全庁一丸となってサミット開催の機運を盛り上げたい」と話している。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報