東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

ギョーザが! 全国初 電柱に3Dオブジェ 観光推進で宇都宮

ギョーザのオブジェが取り付けられた電柱広告=宇都宮市で

写真

 宇都宮市名物のギョーザの有名店が集まる市中心部の「餃子(ギョーザ)通り」に、ギョーザの立体オブジェを取り付けた珍しい電柱広告が掲げられている。

 県やJRグループなどが四月から展開する大型観光企画「アフターデスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせ、市や観光業者などでつくる市DC推進委員会が設置した。3Dの電柱広告は全国で初めてという。

 オブジェは3Dプリンター機器を使って、宇都宮餃子会の加盟店の焼きギョーザを再現した。ペットボトルなどに使われる素材で、焼き色を表現するのに苦労したという。

 電柱に掛けるタイプと巻き付けるタイプの二種類を計九カ所取り付けた。六月末までの試験的な取り組みだが、好評の場合は延長する予定という。

 餃子通りには、ギョーザを描いた広告が掲げられたり、ギョーザをデザインしたマンホールのふたが設置されたりするなど、観光客に宇都宮の魅力をPRしている。

 市観光交流課の塩田寿美恵課長は「面白い取り組みが話題に上ることで、松が峰教会などの市中心部、さらに郊外の大谷地区に、観光客に足を運んでもらえたら」と話す。 (原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報