東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

華麗なバラ290種 2000株 真岡の井頭公園

園内で咲き誇る色とりどりのバラ=真岡市の井頭公園で

写真

 真岡市下籠谷の井頭公園で、バラが見頃を迎えた。大勢の観光客が訪れ、散策したり、写真を撮ったりしている。春先の天候不順で、開花は例年に比べ一週間程度遅れたが、今月中旬まで楽しめるという。

 園内のバラ園には、二百九十種、二千株が育てられ、赤やピンク、白など色とりどりの花びらを広げている。管理事務所の大野行男所長によると、バラは品種改良が進み、毎年のように新しいバラが誕生する。同園では佐野市内の種苗家が開発した「青龍」「わたらせ」など、青い品種も数多く見られる。

 写真撮影に訪れていた真岡市内の設備業林克行さん(55)は「マクロの構図を狙って、花びらの産毛、とげに焦点を合わせ、少し変わった作品にしたいと思っています」と話していた。 (原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報