東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

さくらブランドにジャムなど4商品 新たに認証

さくらブランドに認証されたブルーベリージャム

写真

 さくら市は、市の知名度向上や地域活性化を目指し、市内の農林水産物や特産品を認証する「さくらブランド」にブルーベリージャムなど四商品を加えた。

 新たに認証されたのは、アトリエ・ジュリアローズ(喜連川)の「さくら市産ブルーベリージャム」。自家果樹園で無農薬で育てたブルーベリーを低糖質のジャムに仕上げている。

 喜連川温泉熱園芸組合(同)の「喜連川温泉なす」、江連商店(氏家)の「レインボーアイスクリーム」、せんきん(馬場)の日本酒「仙禽(せんきん)」も認証。これらは、すでに名産品として知られる商品で、ブランドの知名度アップなどを狙って特例認証品として登録された。

 さくらブランドの認証は二〇一六年度に始まり、計二十六商品となった。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報