東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

参道にアジサイ2500株 栃木市でまつり

観光客でにぎわう太平山のあじさい坂=栃木市で

写真

 関東屈指のアジサイの名所、栃木市平井町の太平山県立自然公園で14日、「とちぎあじさいまつり」が始まった。約2500株のアジサイが青や薄紫、ピンクなど色とりどりの花を咲かせ、初日から観光客でにぎわった。

 中腹の六角堂から山頂の太平山神社まで1001段の石段が続く参道は「あじさい坂」と呼ばれ、両側をアジサイの花が彩る。花はセイヨウアジサイやヤマアジサイ、ガクアジサイの3種類が中心。

 実行委員会委員長で現地ボランティアを30年以上続けている清田照子さん(67)は「いまは3分咲き程度ですが、天候が安定していた今年は花付きが非常にいい。最盛期は20日過ぎの見込みです」と話していた。

 友人とともに訪れた佐野市の主婦、斉藤友代さん(77)は「美しい発色で見ていて楽しい。最盛期にもう1度来たい」と笑顔を見せていた。

 まつりは30日まで。期間中の週末は、栃木市マスコットキャラクター、とち介のおもてなし、南京玉すだれの演技、からくり人形の実演などの催しを用意している。問い合わせは市観光協会=電0282(25)2356=へ。(梅村武史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報