東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

栃木と群馬 100選の6駅巡ろう 関東運輸局がスタンプラリー

スタンプを押す台紙の表紙

写真

 「関東の駅百選」に認定されている栃木、群馬両県の地域鉄道の六駅を巡ってもらおうと、関東運輸局がスタンプラリーを企画した。二十四日〜八月二十五日の期間中に「完走」すると認定証がもらえる。

 対象となる六駅は、栃木県内にある真岡鉄道の真岡と益子、野岩(やがん)鉄道の上三依(かみみより)塩原温泉口、群馬県内にある上毛電気鉄道の西桐生、わたらせ渓谷鉄道の水沼、上信電鉄の下仁田。

 百選は一九九四年に「鉄道の日」が定められたことを記念し、九七〜二〇〇〇年に選ばれた。個性派がそろっており、真岡駅はSLをモチーフにした駅舎やSLを展示する併設施設、上三依塩原温泉口は駅舎の「洋風とんがり帽子の屋根」などが特徴だ。

 百選が決まった際にもラリーが企画され、各駅の駅舎がデザインされた当時のスタンプを今回も使う。

 ラリーは関東の地域鉄道を応援するシリーズ企画。百選のうち地域鉄道の二十一駅を順次取り上げており、今回は第三弾。

 ラリーの台紙は局のホームページからダウンロードし、印刷して入手する。スタンプは無人駅の益子、水沼を除く各駅にある。益子駅のスタンプは真岡駅、水沼駅のスタンプは同じわたらせ渓谷鉄道の神戸(ごうど)駅構内のレストランに置く。スタンプを集めた台紙を九月十三日までに局に郵送すると、認定証とともに、すでに廃止された百選認定駅の希少なスタンプを押して返してもらえる。

 問い合わせは、関東運輸局鉄道部計画課=電045(211)7243=へ。 (高橋淳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報