東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

マヌルネコの赤ちゃん公開 那須どうぶつ王国 名前公募

一般公開が始まったマヌルネコの赤ちゃん(那須どうぶつ王国提供)

写真

 那須どうぶつ王国(那須町)で、マヌルネコの赤ちゃん二頭の一般公開が始まった。愛らしい姿が人気を集めている。

 マヌルネコは中央アジアなどに生息する世界最古のネコとされ、ふわふわの毛と独特の表情で人気。全国でも六つの動物園でしか展示されておらず、今年赤ちゃんが生まれたのはどうぶつ王国だけという。

 展示されているのは、四月二十二日生まれの雄と雌。ともに一〇〇グラム余りだった体重は、雄が約一・九キロ、雌が約一・六キロと順調に成長した。名前を七月末まで公募している。「王国タウン」と呼ばれるエリアの「ヤマネコテラス」で食事をした来場客を対象に応募用紙を配布している。

 誕生を記念して、人気アニメ「けものフレンズ」とのコラボ企画も始まった。マヌルネコのほか、レッサーパンダやイヌワシなど新キャラクターを加え、二十五種のパネルが展示されている。(小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報