東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

栃木の自慢 文や絵で教えて ジュニアコンクール あすから作品募集

 県民が自慢できる百の地域資源として県が選んだ「とちぎの百様(ひゃくさま)」を広めようと、県は十九日から、百様をテーマにした作文や俳句・川柳、絵画を募集する。県内の小学四年〜中学三年が対象。

 とちぎの百様は、県民に郷土愛や誇りを持ってもらおうと、歴史や文化、自然、グルメ、行楽地などさまざまな分野から二〇一五年に選ばれた。例えば、日光東照宮や益子焼、イチゴ、宇都宮餃子(ギョーザ)、那須高原などがある。県内では、雷を「雷様(らいさま)」と呼ぶように人でないものに様を付けて敬意や親しみを表すことがあり、そうした慣習にちなんで百様と名付けられた。

 作文や絵画などの作品は「ジュニアコンクール」と銘打って募集する。百様から好きなものを選び、他人に紹介したい、自慢したいと思うことを作品で表現する。作文なら四百字詰め原稿用紙で三枚以内。

 応募は十月十五日まで。県地域振興課のジュニアコンクール係に郵送するか持参する。作文と俳句・川柳、絵画の各部門ごとに、優れた作品には賞を贈る。入賞作品は百様のホームページに掲載したり県のイベントで展示したりして発信する。

 募集の詳しい情報は、百様のホームページで見られる。問い合わせはコンクール係=電028(623)2233=へ。 (高橋淳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報