東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

<参院選>各党 戦いを振り返って 

◆前進か混乱か選択

<自民県連・茂木敏充会長> 安定した政治の下で令和の日本を前へ進めるのか、混乱の時代に逆戻りするのかを問う選挙だった。「日本の明日を切り拓(ひら)く」を掲げ、党の政策を力強く訴えてきた。各層から心強い手応えを感じている。

◆決められる政治を

<公明県本部・山口恒夫代表> 新時代を担うのにふさわしい政党や政治家を決める選挙。決めるべき時に決められる政治の安定が重要だ。党の持ち味を連立政権で存分に発揮することが希望ある未来を開くことにつながる。

◆政治の流れ変える

<立憲民主県連・福田昭夫代表> 政治の流れを変える重要な選挙。年金制度の崩壊、憲法改悪、消費増税問題など県民生活を脅かす安倍政権に真っ向から政策論争を行った。「もう一つの選択肢」になるためビジョンを掲げ訴えた。

◆未来に投資へ転換

<国民民主県連・斉藤孝明代表> アベノミクスを終わらせ、家計と地域を重視し、未来に投資する経済政策に転換し、国民生活を明るく、地域活力を豊かにすることを訴えた。現実的な政策が受け入れられることを信じている。

◆さよなら自公政治

<共産県委員会・小林年治委員長> 安倍自公政治にさよならを告げる選挙。野党統一候補の勝利と党の躍進のため全力を挙げた。八時間働けば普通に暮らせ、社会保障で暮らしと未来に希望が持てる政策を訴えて共感を広げた。

◆憲法の改悪を阻止

<社民県連・松本昭一代表> 勤労者・市民の声を聞き、暮らしと命を守ることを最大の課題として臨んできた。切実な声が寄せられている。消費税10%増税、平和憲法の改悪にひた走る安倍政権の暴走を止めることが、党の役割だ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報