東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

「○○○ 愉快だ 宇都宮」 ブランドロゴ、1000個達成

多くの施設などで見られる「宇都宮愉快ロゴ」=宇都宮市で

写真

 宇都宮市の魅力を発信している宇都宮ブランド推進協議会が導入した市のブランドメッセージ「住めば 愉快だ 宇都宮」の「宇都宮愉快ロゴ」が千個に達成した。

 「宇都宮愉快ロゴ」は、二〇一〇年度に「宇都宮ブランド戦略」の一環としてスタートした。ブランドメッセージを広くPRするため「住めば 愉快だ 宇都宮」のロゴの最初の三文字の言葉と背景の色を自由にアレンジして、市内外の企業・団体が活用する取り組み。

 オリジナルのロゴを作成して、ポスターや看板などで会社の業務内容や団体の特徴をアピールしてもらっている。

 「宇都宮愉快ロゴ」の第一号は、地元のプロ自転車ロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」の運営会社の「走れば 愉快だ 宇都宮」で、千個目は、市内の漬物会社「アキモ」の「発酵で 愉快だ 宇都宮」。これまで最も多いワードは「走れば」の十個だった。企業の自転車部やマラソン大会の実行委などが登録した。次いで八個が「踊れば」「健康で」「学べば」、六個が「食べて」「集えば」などだった。背景の色は、自由に選べる。

 協議会は市や経済団体などでつくって活動している。佐藤栄一市長は「人や企業を呼び込むため、市民総ぐるみで市の魅力をアピールし、二千個を目標にしていきたい」と話している。 (原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報