東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

宇都宮の映画ロケ地紹介 足立梨花さん着用衣装も 「宮カフェ」でパネル展

ロケ地を紹介するパネルなどが展示されている会場=宇都宮市で

写真

 宇都宮市で撮影された映画のロケ地を紹介するパネル展が、市内のオリオン通りにある宇都宮アンテナショップ「宮カフェ」で開かれている。多くの作品のロケ地となっている地下空洞が広がる大谷資料館や、広大な竹林がある若山農場などをパネルのほか、地図、映画のポスターなど三十点で伝えている。九月一日まで。

 対象の映画は、二〇一三年十一〜十二月までロケが行われた「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」や、一七年八〜九月に撮影された「キスできる餃子(ギョーザ)」などの四作品。大谷資料館、若山農場、ギョーザ店、いちょう通り、県庁舎などがロケ地となった。

 このうち「キスできる餃子」で主役を演じた足立梨花さんが、実際に撮影で着用した衣装も特別に展示されている。会場は、若山農場から切り出された竹や大谷石を使った明かりも装飾されている。市広報広聴課は「宇都宮には、ロケ地にもなる素晴らしい場所があることをまず、市民に知ってもらう機会になれば」と話す。入場無料。 (原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報