東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

佐藤、鈴木 名字ゆかりの地同士が交流 「さのまる」和歌山・海南市訪問

和歌山県海南市役所を訪れ、「海ニャン」(中央左)らと記念写真に納まる佐野市のゆるキャラ「さのまる」

写真

 日本人の中で最も多い名字の「佐藤」姓ゆかりの地とされる佐野市のゆるキャラ「さのまる」が9日、2番目に多い「鈴木」姓発祥地の和歌山県海南市のイメージキャラクター「海(かい)ニャン」に会いに海南市役所を訪問した。

 海南市は鈴木姓発祥の地として知られる国史跡「鈴木屋敷」があり、復元のため「企業版ふるさと納税」などで資金を募り、注目を集めた。

 佐野市も「佐藤さんゆかりの地」を押し出した地域再生計画が8月に内閣府に認められており、地域おこしの起爆剤にしようと両市は連携を考えていた。

 神出政巳(じんでまさみ)海南市長と佐野市の吉田直生(なおき)参与が連携プロジェクトの親書を交換した後、海ニャンとさのまるが登場し、それぞれが両姓の有名人をPR。神出市長から「鈴木サポーター証」がさのまるに渡された。

 神出市長は「佐藤姓、鈴木姓の人たちを応援団員にするため両市で知恵を絞りたい」と語った。吉田参与は「海南市の企業版ふるさと納税などのノウハウを教えてほしい」と意欲を見せた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報