東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

県学童軟式野球・矢板南ファイターズが市長に報告  石田主将「準V 応援のおかげ」

準優勝を報告した矢板南ファイターズの選手ら=矢板市役所で

写真

 「第50回記念県学童軟式野球大会兼マクドナルドカップ第36回町内選抜学童軟式野球大会」で準優勝した矢板市の「矢板南ファイターズ」ナインが同市役所を訪れ、結果を報告した。 (小川直人)

 大会には236チームが参加。矢板南はトーナメントを勝ち進み、宇都宮清原球場で八月三十一日にあった決勝戦で、7−9で佐野城北クラブ(佐野市)に敗れた。

 チームのメンバーは矢板市立片岡、乙畑両小学校を中心とした児童26人。

 十二日にあった報告会では、主将の石田陽人(はると)選手(小6)が「準優勝という結果は応援のおかげです。チームワークが良く、負けていても励まし合えるチームです」などと報告した。

 試合を観戦した斎藤淳一郎市長は「勝ち進んで当然の強さがあった。甲子園やプロを目指してたくましく育って」と激励した。

 準優勝を記念してチームのOB有志が作成した「感謝」と書かれた横断幕も披露された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報