東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

知人ら「地元の励み」 斎田の周囲一帯 警官が厳重警備

斎田の周囲は警官が警備に当たっている=高根沢町で

写真

 高根沢町の北部に位置する大谷地区。斎田は幹線道路から約三百メートルほど入ったところにあり、周囲は田園風景が広がる。垂れた稲穂も見受けられるが、七割ほどの田んぼでは既に刈り取り作業が終わっている。

 近所の人によると、この日、午前中から土木業者が訪れ、斎田の周りに支柱が埋め込まれ、緑色の囲いで覆われた。周囲一帯は警官が厳重な警備に当たり、近づくことはできない。

 「大谷地区、そして、高根沢米の誇り。本当に名誉なこと」。近所の人たちからは、喜びの声が上がった。石塚毅男さんと親戚で、子どものころからの付き合いという石塚清己さん(64)は「毅ちゃんは、地域の農業担い手のリーダー。家族であれだけ広い田んぼをやりくりし、大変だと思う。この辺は、土質がいいので食味がいい。地元の励みにもなる」と笑顔を見せた。清己さんによると、石塚さんの生産した米は、町内の学校給食にも使われているという。

 また、小林レイ子さん(68)は「石塚さんは、まじめで純朴。東日本大震災の後は、東北地方の被災者に米を届けたり、ボランティア活動にも携わったりしていた。地元にとっては本当にうれしい」と話していた。 (原田拓哉)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報