東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

ダース・ベイダー!?怖〜い花咲いた とちぎ花センター

ダース・ベイダーを連想させるアリストロキア・サルバドレンシスの花=栃木市で(とちぎ花センター提供)

写真

 映画「スター・ウォーズ」の悪役「ダース・ベイダー」そっくりの花が栃木市のとちぎ花センターの鑑賞大温室「とちはなちゃんドーム」に登場し、来園者の人気を集めている。

 花の正体は、中米原産の低木「アリストロキア・サルバドレンシス」。センターが専門業者から苗を入手し、一昨年、栽培を開始。今夏、県内で初めて開花に成功させた。現在、花をつけているのは今月15日に開花した3、4番目の花という。

 花びらの外側は網目模様で、中は赤黒く、ダース・ベイダーの目玉を連想させる白い穴が二つある。木の根元から地をはうように花茎を伸ばして花を咲かせ、天敵はジェダイ(ライトセーバーとフォースを操る騎士)ではなく、ナメクジだ。

 花が散るのは22日ごろ。担当の稲葉英雄さん(49)は「時間が経過すると黒ずんで不気味さを増していく。花が散る前後に一番怖い表情になります」と話していた。

 開園時間は午前9時〜午後5時。ドーム入館料は大人400円。小中学生200円。問い合わせは同センター=電0282(55)5775=へ。 (梅村武史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報