東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

台風19号 「トイレなど下水逆流」 宇都宮 泥水清掃に追われる

田川の氾濫で、市街に流れ込んだ巨木や、泥水のため屋内から出された家具類=宇都宮市で

写真

 「こんな川の氾濫は、この街に生まれて初めて」

 宇都宮市内で氾濫した田川に架かる東橋から西へ約三百メートルで居酒屋を経営する山口育男さん(74)は、店内に流れ込んだ泥水にこう驚きながら、清掃作業に追われた。

 台風の警戒のため十二日夜、店内にいたが、同日午後十一時ごろ、急激に泥水が流れ込んできたという。「トイレなど下水が逆流しはじめ、みるみる膝上三十センチほどまで水位が上がった。すぐ店を開けられるのか」と苦渋の表情を見せた。

 水が引いた後も、道路沿いは土煙が立ち上り息苦しい状態。

 東橋から西へ約五十メートルの商店では、従業員らが店内の家具類を外へ運び出した。男性従業員(70)は「冷蔵庫も倒れ、事務所内で泥水がうずまいていたようだ。玄関の塀も流されてどこかへ行ってしまった」とぼうぜんとしていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報