東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

台風19号 浸水相次ぎ4人死亡 鹿沼、陥没した道路に車転落

秋山川(右手前)の決壊で浸水した住宅街=佐野市で、本社ヘリ「あさづる」から

写真

 台風19号は県内にも大きな被害をもたらした。十二日から十三日にかけて、激しい雨や強い風が県内全域を襲った。県によると、佐野市など各地で河川が堤防決壊などで氾濫し、民家など周辺への浸水が相次いだ。死傷者などの人的被害も出ている。 (北浜修、梅村武史、蒲敏哉、萩原誠)

 県によると、避難者は十三日午前六時現在で、県内二十五市町で計三百六十九カ所、約一万九千八百人に上った。

 人的被害は十三日午後二時現在で死者四人、負傷者は計十七人。

 足利署によると十三日午前三時十分ごろ、足利市の増水した田んぼに乗用車が水没しているのを消防隊が発見。近くの無職山本紀子さん(85)が死亡した。避難所に向かっていたという。

 栃木署によると、同日午前四時半ごろ、栃木市の水路で、同市の小松昭子さん(60)が死亡した。

 鹿沼署によると、同日午前五時五分ごろ、鹿沼市の県道で、陥没した道路に転落した軽乗用車の近くに住む会社員小倉勲さん(47)が死亡した。

 また同日午前六時半ごろ、鹿沼市の黒川河川敷の土砂に埋まっている乗用車の中で同市の会社役員早乙女健二さん(70)が死亡した。

 河川の氾濫は十三日午後二時現在の県のまとめで、秋山川(佐野市赤坂町)、田川(宇都宮市大通り四)、永野川(栃木市大平町)など計三十六カ所。

◆足利・フラワーパーク 全域冠水、きょう休園

 足利市迫間(はさま)町の観光植物園「あしかがフラワーパーク」は園内全域が冠水した。14日は復旧作業が行われるため、休園となる。

冠水した「あしかがフラワーパーク」(手前)=足利市で、本社ヘリ「あさづる」から

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報