東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

台風19号 流された牛、茨城に

那珂川に流された牛をなでる和牛繁殖農家の瀬尾さん=10月、茂木町で

写真

 台風19号で氾濫した那珂川の沿岸の水戸市などに、上流の県内の農場から流された多数の牛が泳ぎ着いている。突如現れた牛に住民らが驚いて警察に通報、川沿いにたたずむ姿が会員制交流サイト(SNS)で話題になったが、依然行方が分からない牛もおり、地道に捜し続ける農家もいる。

 川沿いの放牧地で二十三頭を飼育していた茂木町の和牛繁殖農家瀬尾亮(まこと)さん(65)は、全頭が流されたものの、十七頭は無事に見つかった。

 「濁流にのまれて…よく生きてたなあ」。台風が過ぎ去った十月十五日、水戸市内で保護された牛二頭を迎えに行き、体をなでると大量の土ぼこりが舞った。

 茨城県によると、那珂川沿いで保護されたほか、県境の同県常陸大宮市などで農家自らが多数の牛を助け出したという。

 瀬尾さんによると、成牛は体重が約六〇〇〜七〇〇キロあるが、食べた草などが発酵してガスがたまる第一胃袋が浮袋の役割を担い、水の中で手足を動かして泳ぐことができる。

 残る六頭についても、希望は捨てていない。未確認ながら牛を目撃したとの情報もある。どこかに泳ぎ着いていることを信じ、最後の一頭が見つかるまで捜索を続けるつもりだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報