東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

大嘗祭使用米「とちぎの星」取扱量2倍に JA、22年産の目標

栃木県オリジナル品種米「とちぎの星」=19日、東京都内で

写真

 JA全農とちぎ(宇都宮市)は十九日、東京都内で開いた県産米のPRイベントで、皇位継承の重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」で使われた県オリジナル品種米「とちぎの星」の取扱量を増やす方針を示した。県内の各JAによる二〇二二年産の取扱量を、一九年産のほぼ二倍に当たる三万トンに引き上げることを目標とする。

 これまでは業務用が多かったが、家庭向けの販売を強化するため、雑誌広告などでキャンペーンを展開する。

 とちぎの星は、県農業試験場が開発し、比較的大粒で暑さに強いのが特徴。日本穀物検定協会の食味ランキングで最高評価「特A」となった実績がある。

 JA全農とちぎは「奉納米になったのを機に、県産米の知名度を上げたい」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報