東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

野生イノシシにワクチン散布へ 県、「家畜防疫班」新設

 豚コレラ対策の一環で、県は六日、野生イノシシ向けの経口ワクチンを散布すると発表した。野生イノシシは豚コレラの感染経路の一つとされている。液体のワクチンを餌に混ぜたものを散布し、それをイノシシが摂取することで拡大を防ぐ狙い。

 農林水産省が今月三日、ワクチンの散布対象区域に県を加えると決めたことを受けた。県畜産振興課によると、散布する場所は、県南部が中心になる見通しで、各市町と詳細を協議する。実際の散布は来年一月以降になるという。

 県は六日、豚コレラ発生予防と防疫体制の強化のために、同課内に「家畜防疫班」を新設した。(北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報