東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

飼育豚への豚コレラワクチン 関東全域接種を要望

福田富一知事(右から2人目)ら北関東3県の知事からCSF対策に関する要望を受け取る安倍首相(右)=首相官邸

写真

 福田富一知事、群馬県の山本一太知事、茨城の大井川和彦知事が六日、首相官邸を訪れ、国内で流行する豚(とん)コレラ(CSF)対策で、豚へのワクチン接種を関東全域で行えるようにすることを安倍晋三首相に要望した。

 ワクチン接種地域は現在、飼育する豚や野生イノシシでの感染が見つかった群馬などの十二県が対象。栃木、茨城などでは感染が確認されておらず対象地域にはなっていない。取りまとめを担った山本知事は「関東は有数の養豚地帯。広域接種が可能となるようにし、ワクチンの早期確保をお願いしたい」と述べた。

 安倍首相は「農家の不安を解消できるよう、収束に向けてあらゆる対策を取りたい」と応じた。

 三県知事はこのほか、ワクチンを接種した豚の価格対策や、アジアで猛威を振るうアフリカ豚コレラ(ASF)について空港での水際対策強化も求めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報