東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

日光・鬼怒川ぐるり スタンプラリー旅 JR東日本大宮支社、東武鉄道が企画

スタンプ台紙を兼ねた「冬のNIKKOスタンプラリー」のパンフレット

写真

 「日光の社寺」が世界遺産に登録されてから二十年を機に、JR東日本大宮支社と東武鉄道は、日光市内の駅や社寺などに置かれたスタンプを集めながら、日光・鬼怒川エリアめぐりを楽しんでもらうキャンペーン企画「冬のNIKKOスタンプラリー」を始めた。

 首都圏のJR東日本、東武両社の主な駅で配布しているA4判のパンフレット兼台紙にスタンプを押していく。スタンプは、JR日光、東武日光、鬼怒川温泉の三駅や、日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺、飲食店、宿泊施設など計三十カ所にある。東照宮で人気の「三猿」(見ざる、言わざる、聞かざる)をそれぞれあしらった絵柄もあり、探すのも面白そう。

 三駅いずれか一個と、他の施設二個の計三個のスタンプを集め、JR日光駅ツーリストインフォメーションセンター、東武日光駅ツーリストセンターなど四カ所の引換所に持参すると、先着三千人で「杉のしおり」がもらえる。

 さらに、台紙から郵便はがきの部分を切り取り、応募すると、スタンプ数に応じ、抽選でホテルの宿泊券やランチ券、東武ワールドスクウェアのペア入場券などが当たるWチャンス賞もある。

 スタンプの設置は来年三月十五日まで。応募締め切りは、同月二十日の消印有効。JR東日本大宮支社は「冬の日光へ多くの人が足を運ぶきっかけになれば」と期待している。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報