東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

宇都宮の陸上競技場命名権 県が事業者を募集 来月28日まで

 県は、今春オープン予定の県総合運動公園陸上競技場(宇都宮市西川田)の愛称を付けるネーミングライツ(施設命名権)パートナー事業者を募集している。新築の県有施設で初めてという。二月二十八日まで。

 命名権料は年額一千万円以上で、期間は三年以上十年以下。応募できるのは、県内外の法人または法人により構成されたグループ。

 外部有識者らでつくる選定委員会が決めた候補と県が協議し、契約を結ぶ。県は、新年度の早い時期までに企業と愛称を公表する。

 新施設は延べ床面積約四万二千平方メートル、約二万五千席。陸上とサッカーの競技場になる。福田富一知事は「家族で行ってみたい、足を向けたいとなるような名前になれば」と期待する。問い合わせは、県行政改革推進室=電028(623)2226=へ。 (北浜修)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報