東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 栃木 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【栃木】

つるしびなと段飾りコラボ 真岡・浪漫ひな飾り

色とりどりのつるしびなが並ぶ会場=真岡市で

写真

 真岡市恒例の「真岡・浪漫ひな飾り」(市観光協会主催)が、同市役所近くの久保講堂をメイン会場に開催されている。同講堂では、段飾りのひな人形とつるしびなのコラボレーションが楽しめる。

 展示されているのは、市民からの寄付された段飾り約三十組。段飾りを縦に連ねて高さ約六メートルにもなる。つるしびなは、市内の森本征子さんの指導を受ける、七つの教室の生徒らによる力作で五十本以上。鶴、亀や俵ねずみといった縁起物の数々の人形が、来場者の目を楽しませている。

 三月三日まで。入館は無料で、火曜日は休館。同講堂のほか、観光施設や農産物直売所などを巡るスタンプラリーも、同時開催されている。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報