東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

日本なぜ多い交通死で最多 歩行者死亡率 欧米の2倍超

 何の落ち度もない歩行者が突然、車にはねられ死傷する痛ましい事故が、東京・池袋や大津市などで相次いだ。日本はすべての交通事故死者のうち、歩行中の死者の割合が35%(二〇一六年)で最多を占めており、交通事故の国際比較でもアメリカやドイツ、フランス、スウェーデンの二倍以上も高い。世界に冠たる自動車技術先進国・日本で、なぜ歩行者が交通事故死と隣り合わせにさせられているのか。 (稲垣太郎)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報