東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

ネット右翼 見えてきた実像 初の学術的研究書を読み解く

 愛国的・排外的な思考を持ち、ネット上で差別的な言説を流布させる「ネット右翼(ネトウヨ)」。今や彼らの書き込みを目にしない日はないが、その実態はまだ良く分かっていない。そんな彼らの実像に迫ろうと、研究者が集って出した初の学術書「ネット右翼とは何か」(青弓社)が注目を集めている。8万人規模の世論調査やフェイスブックの分析など、研究成果を集めた本格的な研究書だ。彼らを研究する意義とは何か。著者の1人、樋口直人・徳島大准教授(50)に聞いた。 (中沢佳子、稲垣太郎)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報