東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

世界文化遺産登録の百舌鳥・古市古墳群 課題とは? 今尾文昭氏に聞く

 今月、世界文化遺産に登録された百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群(大阪府)。しかし、構成資産の一つ、日本最大の前方後円墳「大山(だいせん)古墳」(堺市)を、学術的な裏付けがない「仁徳天皇陵古墳」と呼ぶなど、考古学界からは疑問の声が出ている。他方、付近一帯は構成資産以外にも、大小さまざまな古墳がひしめく。この古墳群を真の意味で私たちの歴史として理解するには、どんなアプローチが求められるのか。今尾文昭・関西大非常勤講師(日本考古学)に聞いた。 (中山岳)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報