東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

チェルノブイリとの比較 旧ソ連の元作業員に聞く 福島第一作業員 か細い補償

 東京電力福島第一原発では今も一日約三千五百人が働いているが、未曽有の原発事故後も作業員には労災以外、何の補償もない。一九八六年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故後の作業員はどうなのか。被災者を支援する「チェルノブイリ法」や、事故十二年後にできた「廃炉法」による補償について、元リクビダートル(収束作業員)で、チェルノブイリ法案作成にも関わったアレクサンドル・ベリキンさん(65)に聞いた。 (片山夏子)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報