東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

ハンスト死 命の軽視 入管施設でナイジェリア人 初の犠牲

 長崎県大村市の大村入国管理センターで6月に死亡したナイジェリア人男性の死因はハンガーストライキによる「飢餓死」と、出入国在留管理庁が認めた。入管施設でのハンスト死は初めてで、専門家は「先進国ではあり得ない」と驚く。集団ハンストは近年全国で頻発しており、収容長期化との関連が指摘されている。外国人労働者受け入れ拡大にかじを切ったこの国で、何が起きているのか。 (安藤恭子、榊原崇仁)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報