東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

宮城などで進む汚染牧草処分「すき込み」とは 細かく刻み土に混ぜ

 東京電力福島第一原発事故に絡み、今も先が見えない問題の一つが放射能に汚染された廃棄物の後始末だ。福島県のお隣、宮城県が手を焼く代表格が汚染牧草の処分。膨大な量がある上、震災被災県ゆえ着手が遅れたという。そんな中で最近、採用されだしているのが、肥料などとして自然に戻す方法だ。安易に環境負荷を増やすべきではないのに、なぜそんな事態になったのか。同県内でも汚染牧草を多く抱える大崎市で事情を探った。 (榊原崇仁)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報