東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

農地所有者「汚染除去を」 司法 目立つ賠償への誘導 被害、放置されかねず

 東京電力福島第一原発事故で、広範囲の農地が放射性物質に汚された。国や市町村が除染を進めた後も汚染は残る。被災農家が「事故前の状況に戻してほしい」と願うのは当然のことだ。しかし、福島地裁が先月、理解しがたい判決を出した。「放射性物質は既に農地と同化している。農家が除去すればいい」というのだ。東電の責任はどこへいってしまったのか。裁判所がそんなに及び腰なのは、なぜなのか。 (榊原崇仁)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報