東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

阪神大震災から25年 村井流ボランティア論とは

 「ボランティア元年」と呼ばれた二十五年前の阪神・淡路大震災。だが当時、全国から百万人以上も駆け付けたボランティアは、東日本大震災、西日本豪雨など、その後の大災害では低迷している。それはなぜなのか。「最後の一人まで(被災者を支える)」を合言葉に、型にはまらない支援をしてきた「被災地NGO恊働センター」(神戸市)の顧問、村井雅清さん(69)に“村井流ボランティア論”を聞いた。 (佐藤直子)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報