東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

感染防止で「公」膨張? 新型肺炎問題 詳細な行動歴公開、緊急事態条項で改憲の声

 新型肺炎の感染拡大が止まらない中、大阪府などが感染防止のためだとして感染者の行動歴を詳細に公開したり、強制的な受診や隔離を行えるよう「憲法に緊急事態条項を設けるべきだ」と自民党幹部が唱えるなど、プライバシーや人権などを制限する動きが強まっている。もちろん感染防止は大事だが、人々の恐怖感に乗じて「公益」を前面に出していく姿勢には、違和感しかない。 (石井紀代美、安藤恭子)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報