東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

相模原殺傷 死刑判決 共生とは… 2人が遺した理念 重度障害児を「世の光に」 生きる力身に付ける

 相模原市の津久井やまゆり園で起きた障害者殺傷事件で、殺人罪などに問われた元職員植松聖(さとし)被告(30)に16日、横浜地裁で死刑判決が言い渡された。被告は重度障害者について「不幸をつくるだけ」などと主張。公判でもその考えを変えることはなかったが、重度障害者らに寄り添った活動を続けた2人の男性がいる。彼らの生涯を振り返り、障害者との共生について考えた。 (安藤恭子、大野孝志)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報