東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特報 > 特報一覧 > 記事

ここから本文

【特報】

人形に吹き込む命 佐賀・江口さん20年で1000体 死者との関係「個人化」 グリーフケア重要に

 亡くなった人がそこにいるみたい−。佐賀市の人形作家江口美千代さん(73)の作る、故人にそっくりな人形が口コミで広がり続けている。二十年余で約千体を制作。事故や病気で子どもを失った人、親や連れ合いを亡くした人など、九州を中心に全国から注文が相次ぐ。人となりや生前の様子を丁寧に聞き取って表情や雰囲気まで再現。大切な人を亡くした人を支えるグリーフケアの専門家も注目している。 (片山夏子)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報