東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<23区の予算案>江東区 全中学生にSNS相談窓口

写真

 いじめや不登校の対策として、区内の全中学生を対象に、会員制交流サイト(SNS)を活用したカウンセリングを二十三区で初めて導入する。中学生らに利用が広がるLINE(ライン)などを通して、カウンセラーに気軽に悩みを打ち明けられるようにする。いじめや不登校が夏休み明けに多くみられる傾向を踏まえ、八月下旬から九月上旬にかけて実施する予定。事業経費として、二百六十一万円を計上した。

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックを来年に控え、都内最多の競技が行われる区で独自のボランティア体制を整える。一千万円を充て、今年春に募集を開始。登録サイトの開設やオリエンテーションを実施し、参加を促す。区民らに地域の清掃活動や観光案内のほか、防犯活動にも取り組んでもらうことで、大会への機運を高める。

 大会の関連事業としてはこのほか、障害者が手掛けた芸術作品を区内で巡回展示する「kotoパラリンピックアート計画」を推進する。江東区のロゴマークが入った応援旗も作成。区内商店街に掲げてもらうことで、区全体で大会を盛り上げる。 

  (長竹祐子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報