東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

「八王子の魅力、世界に発信」 観光PR特使 新たな5組に委嘱状

新たに八王子観光PR特使を委嘱された関係者のみなさん=八王子市で

写真

 文化やスポーツなどさまざまな分野で活躍しながら八王子市の魅力を広めていく「八王子観光PR特使」に新たに決まった五組への委嘱式が、八王子市役所であった。いずれも八王子にゆかりがある五組で、八王子観光大使運営協議会会長の石森孝志市長らから本人や関係者に委嘱状や名刺などが手渡された。 (萩原誠)

 シンガー・ソングライターの冨永裕輔さんは「八王子に感謝し、愛しています。世界に八王子の魅力を発信していきます」と意欲的。三人組音楽グループの「UP LIFT」は「僕たちが出会って結成した八王子に恩返しができるよう誠実に一生懸命頑張っていきます」と話した。家具デザイナーの伊藤洋平さんは「八王子は木がたくさんあります。ものづくりの楽しさとともに八王子をPRしていきます」とアピール。滝山城跡にすむ妖怪タヌキのご当地キャラクター「たき坊」は「応援してくれる人たちのために、できることを頑張りたいと思うポン」と抱負を述べた。

 海外公演中というピアニストの永野光太郎さんは「これからもさまざまな活動を通じて八王子の魅力をPRしていきたいと思っております」とビデオメッセージを寄せた。

 特使は市と観光コンベンション協会、商工会議所でつくる協議会が二〇一六年から委嘱しており、既にロックバンド「ニューロティカ」やプロバスケットボールチーム「東京八王子ビートレインズ」など十組が活動している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報