東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

「みなさん 火の用心ですよ」 春風亭一之輔さん 一日消防署長

浅草の芸者衆らと、仲見世を練り歩く「一日消防署長」の春風亭一之輔さん(中央)と、松倉久幸会長(右端)=台東区で

写真

 春の火災予防運動(三月一〜七日)を前に、落語家の春風亭一之輔さん(41)が二十六日、台東区の日本堤消防署(千束四)の一日消防署長に迎えられ、管内にある浅草の繁華街で防火を訴えた。

 一之輔さんはまず、地域の町会、消防団員ら約百五十人による防火パレードに参加。浅草芸者衆や、浅草演芸ホールを運営する東洋興業の松倉久幸会長(83)と先頭に立ち、浅草寺門前の仲見世を練り歩いた。

 雷門から出発した一之輔さんは、「火の用心ですよ、みなさん」と、にこやかに手を振って観光客らにアピール。「写真撮り放題、動画でもなんでも撮ってください。それが火の用心になるのであれば…」とちゃめっ気たっぷりに呼びかけた。

 この後、防火服に着替えて、JRAウインズ浅草前での消防演習を指揮。

 最後に講評を述べ、「今日は、(本当の)火事ではないので放水しても窓がきれいになったな…ぐらい」と笑いを誘い、「元から火事がないよう、お体に気を付けて浅草の平和を守って」と語りかけた。

 一之輔さんは、二〇一二年に二十一人抜きで真打ち昇進、一五年に浅草芸能大賞新人賞を受けた若手の逸材。浅草公会堂での「浅草防火のつどい」(浅草消防署主催)で、「防火防災落語」を披露したこともある。

  (井上幸一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報