東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

10日に東京大空襲74年 民間被害者が千代田で連絡協集会「ただちに救済法を」

「一日も早く救済法を」と訴える吉田栄子さん(右)ら空襲被害者=千代田区で

写真

 東京大空襲から七十四年となる十日を前に、全国空襲被害者連絡協議会が六日、千代田区の衆議院第二議員会館で集会を開いた。国は元軍人らに計六十兆円もの補償をしているが、民間の空襲被害者は放置しており、「ただちに救済法を」と求める声が相次いだ。

 国会議員十六人を含む約百人が出席。東京大空襲で孤児になった吉田由美子さん(77)は「軍人のような国との雇用関係がなかったと言われるが、銃後の民間人も総動員されていた。納得できない」と語った。大阪空襲で家族ら九人を亡くした吉田栄子(はえこ)さん(84)は「父や姉の遺骨がどこにあるか、いまだに分からない。一日も早く助けてください」と声を詰まらせた。

 超党派の国会議員連盟は一昨年四月、一人五十万円の一時金や被害調査を柱とする骨子案をまとめたが、提出されていない。北村誠吾衆院議員(自民)は「党内に理解していただき、コンセンサスを得る努力をしている」と述べた。 (橋本誠)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報