東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

改元&大安 婚姻届の大幅増見込む 5月1日、狛江市が臨時窓口

市の広報担当者による撮影サービスのデモンストレーション=狛江市役所で(市提供)

写真

 狛江市は十九日、改元の日と大安が重なる五月一日に婚姻届の提出が大幅に増えると予想されるため、市役所二階に臨時窓口を開設すると発表した。

 臨時窓口では市民課の職員二人が午前九時から午後一時まで、婚姻届と出生届を受け付ける。市内の観光名所などを配したウエルカムボードを背景に、「二〇一九年五月一日」の日付の入った掲示を入れて記念撮影ができるコーナーを設ける。市の観光大使を務めるお笑い芸人近藤春菜さんのパネルも用意する。松原俊雄市長も傍らに待機し、職員たちと一緒にカップルらを祝う。プリンターとカメラを用意し、市広報担当者による撮影とプリントサービスもある。

 「五月一日を特別で思い出深い日にしてもらい、狛江市により愛着を感じていただける機会にしたい」と鎌谷京子市民課長は話している。

 問い合わせは市民課=電03(3430)1111、内線2295=へ。 (花井勝規)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報