東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

スポーツクライミング米代表 八王子で事前キャンプ

八王子市での強化合宿などの覚書を交わしたマーク・ノーマン代表(左)と石森孝志市長=八王子市で

写真

 来年の東京五輪で初採用される「スポーツクライミング」で、米国代表チームが今年の強化合宿と、来年の事前キャンプを、それぞれ八王子市で行う。

 同市の石森孝志市長と、米代表のスポーツクライミング団体「USA CLIMBING」のマーク・ノーマン代表が覚書を交わした。市が米代表チームの練習施設の確保に協力するほか、代表選手らは練習の合間に八王子まつりに参加するなど、市民とさまざまな形で交流する。

 今年の強化合宿は八月一日〜二十二日で、十二〜十六人が参加する予定。来年の事前キャンプは七月下旬から二週間程度で、五、六人の参加を見込んでいる。選手らは市内に宿泊し、練習場所は市内の民間ボルダリングジムや昭島市の商業施設にあるクライミング施設を想定している。

 事前キャンプ地の決定に石森市長は「五輪で活躍できるよう支援したい。市民とも交流を進めてほしい」と歓迎。ノーマン代表は「八王子で長い時間を過ごすことで、慣れた環境で競技をすることができる。金メダル獲得を目指したい」と話した。 (萩原誠)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報